WELCOME TO JAPAN LONGEVITY INFORMATION From Japan Now
obNio[gsbNXz[
TCg}bv̑̋LILC-Japan

日本の長寿世界一はかわらず

-WHO「世界保健報告2006」を発表

本年4月、世界保健機関(WHO World Health Organization)は2006年度版の「世界保健報告」を発表した。報告によると、2004年時点の日本の平均寿命は82歳(男女計)で、世界一の長寿国であることに変わりはなかった。 性別では、日本の女性の86歳は単独で世界一、日本の男性は79歳でサンマリノ、アイスランドと並んでいる。
平均寿命が80歳以上の国はWHO加盟国192カ国のうち16カ国で、内訳は下記のとおりである。

82歳: 日本、モナコ、サンマリノ
81歳: オーストラリア、アイスランド、イタリア、スウェーデン、スイス
80歳: アンドラ、カナダ、フランス、イスラエル、ニュージーランド、ノルウェー、シンガポール、スペイン

一方、平均寿命が50歳未満の国は27カ国でほとんどがアフリカ諸国である。また、60歳以上が人口全体に占める高齢者比率は日本が25.6%で首位であり、20%を超える国は以下の各国である。

25%台: 日本、イタリア、サンマリノ
24%台: ドイツ
23%台: スウェーデン
22%台: ギリシャ、オーストリア、ブルガリア、ポルトガル
21%台: クロアチア、エストニア、スイス、アンドラ、スペイン、ウクライナ、イギリス

以上のように、日本は長寿世界一でありまた高齢者の比率も世界一高くなっているが、それでは高齢者自身の健康意識はどうだろうか。2004年の厚生労働省による「国民生活基礎調査」に高齢者の健康意識が示されている。

性・年齢階級別にみた健康意識の構成割合(平成16年)

(単位:%)

年齢階級 総数 よいと思って
いる者
よい まあよい ふつう あまり
よくない
よくない 不詳
総数 100 41.3 24.8 16.5 40.4 10.4 1.5 6.4
65歳以上 100 25.4 12 13.4 40.4 19 3.8 11.4
70歳以上 100 23.3 10.2 13 39.4 21.1 4.4 11.8

この表をみると、自分の健康について、高齢者層でも多くの割合が「よい」あるいは「ふつう」と考えている。日本の高齢者は70歳以上でも健康について「あまりよくない」「よくない」とする人は約4分の1の人々であり、活動的な高齢者であるための条件を多くの人々が備えている。

(参考)WHO World Hearth Report
http://www.who.int/whr/en/

このページのトップへ

 
その他の記事
 
ホーム | トピックス | その他の記事 | English | ILC-Japan
ILC-Japan
〒105-8446 東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル8F
TEL 03-5470-6767 FAX 03-5470-6768
http://www.ilcjapan.org/
© Copyright 2006-2008 ILC-Japan All Right Reserved.